取引方法の主軸は外貨の変動制に注目

FXとは外国為替証拠金取引の略称である。
たまに株取引や先物取引などもFXと称する事があるが、通常は「外貨を用いた取引」の事を指す。

FXのメインとなる取引は、やはり外貨の変動性に着目しての取引である。ニュースにおいて、現在1ドルいくらとの報道が流れるであろう。

よくよく聞くと、毎日値段は変わっている。つまり安いところでドルを買い、高くなったら売るという取引というイメージで良いと思う。ただし毎日ドルが上がり続けるわけでもない。下がるときは一気に下がる。リスクなどもあるので、取引には注意が必要という事になる。

長期的な目線でスワップ投資

ところで、もう一つの取引方法も有る。スワップポイントというものに注目した取引。簡単に表現すると、銀行の利息のようなイメージで良い。

ご存知のように、銀行の利息は安い。それでは利益にならないので、外貨に注目をすることになる。豪ドルや南アフリカランドなどが有名だろう。外貨の利息の方が、日本よりは圧倒的に高い事が多いのである。

しかもスワップポイントは毎日発生する。ほぼ日払いでの受け取りなども可能なので、それで生活をしている人も多く存在する。ただし、スワップポイントも毎日変動する。あまりにもレートが変動をすると、逆にスワップポイントがマイナスに変わる事が有る。こうなると逆に損をする事になるので注意が必要。

以上2つが、FXの主な取引方法。自分にとってベターなものを選択すれば良いと思う。
・FX業者が無料で提供している取引ツールを徹底検証しているFX取引システム比較を参考にしながら自分の取引方法にぴったりのツールを選ぼう。