過去を見て未来の相場を分析

チャート分析は相場の行方を予測する上で必要になる代表的な相場分析法です。為替レートの動きが蓄積されたチャートを見ながら過去の相場での動きから「この後はこのように動いていくだろう。」と考えながら未来の相場の動きを予想するのです。

まずはチャート分析の基本を知る

チャート分析と言えばローソク足の知識が絶対に必要になります。しかもこのローソク足は日本で生まれたチャートで1本のローソク足の中に4本値という、始値・終値・安値・高値の四つのデータが詰まっています。その時間に為替レートが上昇すると「陽線」が描かれ、下落すると「陰線」が表示され、ローソク足の実態部分と上下に伸びた「ひげ」と呼ばれる部分で、4本値をビジュアルでとらえることができるのです。例えば日足チャートのケースを考えると、1日の為替レートが動いた部分を1本のローソク足で表示して、1日単位で見た為替レートがどのように変化してきたかを見ることができます。

「月足」なら1ヶ月単位、「週足」なら1週間単位、「4時間足」なら4時間毎の値動きを1本のローソク足で表示されるのです。こうしたチャートの基礎知識を身につけて理解すると、FX会社が提供しているチャートツールを効果的に利用することができます。通貨ペアのチャート足を眺めて何かを感じることができた人だけがFXで勝つ資格があるでしょう。チャートを駆使して将来の値動きを予想してみましょう。相場のある程度大きなトレンドを把握すれば、そのトレンドに沿ったトレードを繰り返して収益を積み重ねることができます。その流れが長期的に継続するほど利益もどんどん増え続けるでしょう。